2010年07月30日

遺品整理

遺品整理は、お亡くなりなられた方の部屋片付けを行い、遺品を不用品と形見分けの選別し、不要な品物については当社にて回収後、供養等の処理を行った後に遺品を再生利用を目的として処理いたします。またリサイクル可能な着物や家具、家電製品については買取りさせていただきます。

※お見積もり、ご相談は無料です。
24時間365日受付中です。
家電回収センターエコらく

エコリサイクル便利片付け買取センター
posted by eco at 13:48 | TrackBack(0) | リサイクル

2010年07月28日

家電買取

不要になった家電、家具等買い取らせて頂きます。
処分する前にまずはお電話を!!

※お見積もり、ご相談は無料です。
24時間365日受付中です。
家電回収センターエコらく

エコリサイクル便利片付け買取センター
posted by eco at 20:50 | TrackBack(0) | 家電

2010年07月26日

特定家庭用機器再商品化法

特定家庭用機器再商品化法

日本の法令
通称・略称 家電リサイクル法
法令番号 平成10年法律第97号
効力 現行法
種類 法律
主な内容 家電のリサイクル
関連法令 環境法
条文リンク 総務省法令データ提供システム
表・話・編・歴
特定家庭用機器再商品化法(とくていかていようききさいしょうひんかほう、平成10年6月5日法律第97号、最近改正・平成15年6月18日)とは家庭用電化製品のリサイクルを行い廃棄物を減らし、資源の有効利用を推進するための法律である。家電リサイクル法などと略される。

目的

本法の目的は特定家庭用機器の小売業者・製造業者等による特定家庭用機器廃棄物の収集・運搬・再商品化等に関し適正・円滑な実施のための措置を講ずることにより、廃棄物の減量・再生資源の十分な利用等を通じて廃棄物の適正な処理・資源の有効な利用の確保を図り生活環境の保全・国民経済の健全な発展に寄与することにある(1条)。

対象製品
・エアコン
・テレビ(ブラウン管式及び液晶・プラズマ式)
・チューナーを内蔵していないモニターや、電池式(蓄電池を含む)の液晶テレビなどは対象外。また、パソコンのディスプレイ(CRTおよび液晶)はこの法律ではなく資源有効利用促進法の対象である。
・電気冷蔵庫及び電気冷凍庫
・電気洗濯機及び衣類乾燥機

※お見積もり、ご相談は無料です。
24時間365日受付中です。
家電回収センターエコらく

エコリサイクル便利片付け買取センター
posted by eco at 13:18 | TrackBack(0) | リサイクル

2010年07月23日

割引サービス実施中

今週の土日期間限定!!今なら「ホームページを見ました」という方に割引サービス実施中!!

※お見積もり、ご相談は無料です。
24時間365日受付中です。
家電回収センターエコらく

エコリサイクル便利片付け買取センター
posted by eco at 12:34 | TrackBack(0) | リサイクル

2010年07月22日

ゴミでお困りの方、今すぐお電話下さい

ゴミ屋敷でお困りの方
不要なものを回収したい
亡くなった方の遺品を整理したい
いらなくなった家電を買い取ってほしい
粗大ゴミを処分したい

全て当社にお任せ下さい

※お見積もり、ご相談は無料です。
24時間365日受付中です。
家電回収センターエコらく

エコリサイクル便利片付け買取センター
posted by eco at 12:00 | TrackBack(0) | 粗大ゴミ

2010年07月20日

家電高価買取

いらなくなった家電を出張買取します。
お引越し、事務所の移転に伴い出たゴミもお片づけ致します。
まずはお気軽にお電話下さい。

※お見積もり、ご相談は無料です。
24時間365日受付中です。
家電回収センターエコらく
posted by eco at 13:28 | TrackBack(0) | 家電

2010年07月15日

遺品整理

≪下記のような事でお困りの方々≫
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
遺品の整理、家財の引越し。
死後数日経過しており、家財の処分から掃除まで。
実家の売却を考えており、家財を処分したい。
お部屋が大量の家財で手のつけようが無い。
大きな家具類を部屋からの搬出が大変で処分に困る。
自分達では遺品整理が出来ない。
部屋の片付け、リフォームをしたい。

※お見積もり、ご相談は無料です。
24時間365日受付中です。
家電回収センターエコらく

エコリサイクル便利片付け買取センター
posted by eco at 12:24 | TrackBack(0) | リサイクル

2010年07月13日

遺品整理の方法

遺族がなくなると、故人様の遺品整理をする必要があります。

故人様の遺品には故人様との思い出がぎっしりつまっていることでしょう。

この遺品の中から、あなたにとって大切な思い出として形見分けをしましょう。

遺品整理・形見分けは正しく行い、故人様とのお生活に区切りをつけるとともに、故人様への礼法のひとつと言われており、供養にも通じます。

形見分けが終わったら、不要物として処分品などの処理をします。

処分する為には、まずは家族で整理分別をし、地区の清掃局などにごみとして持って行くパターンと、当社のような専門業者を利用して処分をしてもらう方法があります。

その遺品整理は、場合によっては大量のゴミとなります。

地区の清掃局に大量ゴミをとして持ち込むこともできますが、分別しないとゴミを受け取ってくれないことがありますので、地区の清掃局での処分の場合は必ず分別をしっかりとして処分依頼をしましょう。

整理の手順として、家族で整理しつつ、形見として必要なものを親族で分けましょう。

粗大ゴミとして市や区の清掃局に持って行きます。

粗大ゴミでも難しい・分別など大変と言った場合は、当社までご連絡下さい。

家電回収センターエコらく

エコリサイクル便利片付け買取センター
posted by eco at 13:27 | TrackBack(0) | リサイクル

2010年07月03日

遺品整理

遺品はいわゆる遺産の内でも動産など物品全般を指すが、こと故人が生前に使用していた生活雑貨や衣類・家具・家電製品など古物としては財産価値の薄い物品も含まれる。

故人の遺品を遺族で分け合うことを形見分けと呼び、急な出来事の場合、あるいは借家や賃貸アパートなど賃貸住宅を明け渡さなくてはならないような場合は、葬儀などの法事が終わってから、直ちに遺品整理にかかることが多い。

日記・手紙・手帳(住所録やメモなど)・預金通帳などは、1年から2年程度は必要になることもあるので保管し、その他の家具や箪笥などの家財道具は福祉施設に、書籍などは地域の図書館や学校などに寄贈されることもあるが、中には引き取り手のつかない、あるいは財産としての処分を行うこともできない物品もある。

家電回収センターエコらく

エコリサイクル便利片付け買取センター
posted by eco at 09:12 | TrackBack(0) | リサイクル