2010年07月13日

遺品整理の方法

遺族がなくなると、故人様の遺品整理をする必要があります。

故人様の遺品には故人様との思い出がぎっしりつまっていることでしょう。

この遺品の中から、あなたにとって大切な思い出として形見分けをしましょう。

遺品整理・形見分けは正しく行い、故人様とのお生活に区切りをつけるとともに、故人様への礼法のひとつと言われており、供養にも通じます。

形見分けが終わったら、不要物として処分品などの処理をします。

処分する為には、まずは家族で整理分別をし、地区の清掃局などにごみとして持って行くパターンと、当社のような専門業者を利用して処分をしてもらう方法があります。

その遺品整理は、場合によっては大量のゴミとなります。

地区の清掃局に大量ゴミをとして持ち込むこともできますが、分別しないとゴミを受け取ってくれないことがありますので、地区の清掃局での処分の場合は必ず分別をしっかりとして処分依頼をしましょう。

整理の手順として、家族で整理しつつ、形見として必要なものを親族で分けましょう。

粗大ゴミとして市や区の清掃局に持って行きます。

粗大ゴミでも難しい・分別など大変と言った場合は、当社までご連絡下さい。

家電回収センターエコらく

エコリサイクル便利片付け買取センター
posted by eco at 13:27 | TrackBack(0) | リサイクル
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39606947

この記事へのトラックバック